未分類

媒介契約ってどんな契約?

2017年8月12日

不動産業者を通して土地や住宅を売却する場合には、必ず「媒介契約」を結ぶことになります。この媒介契約とは宅地建物取引業法によって定められている行為で、売主と買主の間に不動産業者を挟む取引の場合には必ずこの契約を結ばなければなりません。不動産業者は物件に買い手を見つけるのがメインの仕事となりますが、売却が成立した際には物件価格の何%といった形で仲介手数料を取って利益を出しています。

電卓このパーセンテージはあらかじめ決めておかないと、売却が決まった後に言った言わないの水かけ論に発展してしまい、トラブルが発生することになります。
そういったトラブルを未然に回避するために媒介契約が必要となるわけです。
媒介契約によって決められるのは不動産業者の取り分にあたる仲介手数料の割合の他にも、物件の管理方法や広告の出し方などについても契約内に明記されることになりますので、この媒介契約を結ぶ前には契約内容を慎重に精査する必要があります。

不動産業者と結ぶ媒介契約は更に3種類に分かれます。専属専任媒介契約専任媒介契約、そして一般媒介契約です。これら3種にはそれぞれ受けられるサービスに微妙な差があり、売主の希望に合わせて契約も選んでいかなければなりません。


参照サイト・・・・媒介契約解説【高く家を売る研究】