未分類

専任媒介契約が好まれる理由は?

By on 2017年8月21日

専任媒介契約は3種の媒介契約の中で売り手に最もメリットが大きいと言えます。その理由は宣伝広告の出し方と、自己発見取引時における手数料のカットにあります。まず宣伝広告について見ていきましょう。

専属専任媒介契約や専任媒介契約は、物件の広告を出してその物件が売れたら仲介手数料が入るため、積極的に広告を出すことになります。これに対して一般媒介契約は複数社に依頼を出すため、仮にA社が広告を出したとしても、何も広告を出していないB社を通して売れてしまうというケースが発生します。
お札を掲げて喜ぶ人このケースだと当然ながら仲介手数料はB社に入るわけで、となると積極的に広告を出すのはバカバカしいという話になってしまいます。

つまり一般媒介契約は広告を出さず、良い買い手が見つかりにくいというデメリットがあるのに対し、専属専任や専任媒介契約ならば積極的に宣伝をしていき、良い買い手を見つけやすいというメリットがあるわけです。

そして専属専任か専任かどちらかの比較になりますが、この専任媒介は自己発見取引の際に手数料を支払わなくても済むため、こちらに軍配があがるわけです。
これらの理由によって、専任媒介契約が多くの物件売却希望者に好まれており、いわば王道の売却方法と言えます。

未分類

それぞれの契約内容と特徴

By on 2017年8月17日

活動報告まずは専属専任媒介契約についてです。
専属専任媒介契約は1社のみの不動産業者と契約を結ぶというもので、この契約を結ぶと他社との契約は不可能になり、また親戚や友人などの自分で買い手を見つけてきた場合でも業者を通して仲介手数料が発生するという契約になります。
また、法律によって義務付けられている売却活動報告は1週間に1度となります。

次に専任媒介契約についてですが、こちらも専属専任媒介契約と似ていて、他社との契約が不可能です。
しかし専任媒介契約は自分で買い手を見つけてきた場合は仲介会社を通さなくても良いという契約になっているという点が違います。また売却活動報告についても2週間に1度となっていて、感覚的には専属専任媒介契約が少し緩められた契約と言えるかもしれません。

最後に一般媒介契約についてですが、こちらの契約は複数の業者と契約を結ぶことができるという内容になっています。専属専任や専任媒介契約では不動産業者が売却活動報告の義務を負っていましたが、一般媒介契約ではこの義務は生じません。このように、それぞれの媒介契約には違いがあるわけですが、結論を言ってしまうと、3種の中で最も売り手にメリットが多いのは専任媒介契約と言えます。

媒介契約内容簡易まとめ

  • 専属専任媒介契約・・・複数社契約× 買い手との直接契約× 活動報告○
  • 専任媒介契約・・・複数社契約× 買い手との直接契約○ 活動報告○
  • 一般媒介契約・・・複数社契約○ 買い手との直接契約○ 活動報告×
未分類

媒介契約ってどんな契約?

By on 2017年8月12日

不動産業者を通して土地や住宅を売却する場合には、必ず「媒介契約」を結ぶことになります。この媒介契約とは宅地建物取引業法によって定められている行為で、売主と買主の間に不動産業者を挟む取引の場合には必ずこの契約を結ばなければなりません。不動産業者は物件に買い手を見つけるのがメインの仕事となりますが、売却が成立した際には物件価格の何%といった形で仲介手数料を取って利益を出しています。

電卓このパーセンテージはあらかじめ決めておかないと、売却が決まった後に言った言わないの水かけ論に発展してしまい、トラブルが発生することになります。
そういったトラブルを未然に回避するために媒介契約が必要となるわけです。
媒介契約によって決められるのは不動産業者の取り分にあたる仲介手数料の割合の他にも、物件の管理方法や広告の出し方などについても契約内に明記されることになりますので、この媒介契約を結ぶ前には契約内容を慎重に精査する必要があります。

不動産業者と結ぶ媒介契約は更に3種類に分かれます。専属専任媒介契約専任媒介契約、そして一般媒介契約です。これら3種にはそれぞれ受けられるサービスに微妙な差があり、売主の希望に合わせて契約も選んでいかなければなりません。


参照サイト・・・・媒介契約解説【高く家を売る研究】

未分類

家を売る時の流れは?

By on 2017年8月5日

家を売る際には、自分で買い手を探して契約を結んでお金と引き換えに住宅を譲るといったように、一人だけで全てを行うことはまずほとんどありません。身内の人へと売却するのであれば一人だけで契約から何から全てを一人で行うことも不可能なことではありませんが、一般的にはそのようなケースは稀で、住宅の売却希望者のほとんどが不動産業者と契約を結んで売却を行っていくことになります。

売り手を探す不動産仲介業者を利用することのメリットとしては買い手を広範囲に探すことが可能な点がまず挙げられます。
大手の不動産業者ならばそれなりに名前も通っており、中古住宅を購入したいから物件を探したいという買い手がまずその業者を訪ねることになりますし、比較的小規模な業者であったとしてもその地域の情報に強いといった業者などもあり、いずれにせよ買い手を募るだけの集客力を備えているため、業者に依頼して住宅の売却を行うのが一般的になっているのです。

住宅売却までの流れとしては、まずは不動産業者へ依頼を出して物件の査定をしてもらい、査定額に納得すれば契約を結んで、買い手が訪れるのを待つという流れになります。住宅をできるだけ高く売却するために重要になるのが、この不動産業者との「契約」です。それでは、不動産業者との契約にはどのようなものがあり、またどのような制度になっているのか、その上で賢く売却するためにチェックしておきたいポイントについて見ていきましょう。